東大阪市 東大阪アトレー7 ブレーキ修理 カワイオート

画像
東大阪アトレー7 ブレーキ修理

東大阪アトレー7 ブレーキ修理 中古部品使用

 東大阪市立花町 K様
H13 アトレー7 S221G 160000km

なかなか希少車 アトレー7人乗り ミニバン入庫ブレーキオイルが、左の前から漏れているとの事で、当社から近くだったので引き取り
修理御依頼。工場でリフトアップしました


 左前フロントブレーキパッド・ローター摩耗
キャリパーピストン変形

なかなかな重症です。ブレーキパッドのキャリパー側のパッドが
摩耗して無くなってしまい、直接キャリパーピストンが
ディスクローターにあたり削れていて、ピストンの可動範囲をオーバーして、ブレーキが漏れたと言うより、噴出したとおもわれます。キャリパーを分解したのですが内部も傷ついてました



ブレーキパッドとディスクローターとキャリパーの交換が必要となります。

*注意*
ブレーキパッドが摩耗すると、ブレーキマスターシリンダーのブレーキオイル液面が下がり。メーター内のブレーキの警告灯がサイドブレーキを引いていないのに、点灯するしくみに多くの車がなってますが、休日などガソリンスタンドでブレーキオイルが減ってますと補充されますと、警告の役割がなくなり大変危険です、パッドが減ってるのにも走行し最悪、ディスクローター損傷、事故の原因にもなります。ブレーキオイルが減ってると言われた場合はブレーキの点検をおすすめします。安易な応急処置はしないで下さい


↑ブレーキキャリパーピストン 傷と錆

 ↑右フロントブレーキキャリパーオーバーホール

右側はブレーキオイルは漏れていませんでしたが、ピストンが錆で 傷付いてました
交換が必要です

 中古部品を使用しての修理

新品部品でお見積もりをさせていただいたのですが、
かなり高額になりましたので、オーナー様に
中古パーツでの修理をご提案させて頂きました
中古パーツを捜したところ、希少車なので心配したのですが、走行10000kmの車両が見つかり前廻りをそっくり取り寄せました、左右ディスクローターとキャリパーとブレーキホースも現車より良い状態でしたのいで移植、ブレーキパッドは新品を使用しました

 エンジンチェックの点検

ブレーキを修理して、試運転をしたのですが
エンジンチエックが点灯するので、OBD診断機で診断
結果オーナーさんにお伝えして、修理検討するとの事で
作業終了、納車いたしました

お客様の声

「車検は大手専門格安店で出しているのだが、ブレーキの摩耗の説明がなく
修理を依頼したら、代車が有料だったので
近くなので、お願いしたらいろいろ安く修理できるように提案され助かりました、また仕事で車を使っているのだが、代車が無料貸し出しで助かりました。エンジンチェック点灯も知っていましたがも前の店で見積もりした金額よりかなり安いので次回の車検時の交換を検討したい」

ご相談は無料 こちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

大阪府東大阪市で、車修理・点検整備のご相談はカワイオートまでお気軽にお問い合わせください。お見積り・ご相談は完全無料です。

TEL:072-987-9898
>>WEBからのお見積りはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!